最善のクレジットカードを案内 

クレジットカードで主婦は節約する

2013年11月21日 | クレジットカード | Permalink

最近は、少額の買い物でもクレジットカードでする人が出てきました。キャッシュレス化が進んでいるように思います。現金を持ち歩かなくていいというメリットはわかるのですが、他にどのようなお得なことがあるのでしょうか。特に、主婦のキャッシュレス化が進んでいるという事で、主婦とクレジットカードについて考えてみたいと思います。


クレジットカードのポイントで節約

クレジットカードのポイントは、商品に変えることが出来たり、現金として使うことが出来たり、多様な用途があります。そのポイントをどこまで貯められるかが主婦の節約に変わってきます。ポイント貯めて、それで欲しいものをもらえればこれは節約になります。まずは、スーパーでの買い物は、ポイントが2倍になる日にまとめる。また、インターネットで、ポイント還元率が高いサイトや、高い日に買い物をする。何も考えずにしている日々の買い物も、ポイントを貯めるには絶好のチャンスという事なのです。


遊びもカード払いで

例えば映画のチケットも、カードを使えば安くなる、またはポイントが付く場合もあります。ガソリンもカードで入れればお得があるときもあります。ETCもポイントがあがります。このように、とにかくクレジットカードで支払いをすると、意外なくらいポイントが沢山貯まるのです。主婦って本当にすごいですよね。

クレジットカードは旅行で利用する

2014年10月8日 | クレジットカード | Permalink

今では多くの方がクレジットを利用していますが、やはり買い物で利用している人が多いのでしょうか?
実はクレジットカードを買い物だけで使うのもいいですが、旅行へ行った時が一番活躍してくれるんですよ。
旅行へ行く際、心配だからと言って現金を多く持ち歩いている人がいますが、もし盗難に遭ってしまったら大変なことになってしまいます。
しかし、クレジットカードがあれば現金をたくさん持ち歩かなくても済みますから、安全に楽しむことが出来るんですよ。


海外でもクレジットカードが活躍

日本は平和だと言われていますから大丈夫だとは思いますが、海外ではまた地域や街によって治安が変わってきますよね。
この時、多くの現金を持ち歩いていたら盗まれてしまいますし、なんとなく恐いです。
それに、現金が足りなくて買い物が出来なくなってしまったなんて言う事もありますから、クレジットカードを持っておくのがお勧め。
クレジットカードを持っていたら、キャッシュレスで買い物が可能なので、好きなものを買うことが出来ます。


気を付けたいこと

ただ、気を付けてほしいのは便利だからと言って使い過ぎてしまう事なんですよね。
クレジットカードを差し出すだけで買い物の支払いが出来てしまうからこそ、使うタイミングを考える必要があります。
後で困ったことになってしまわぬよう、計画的に利用していきましょう。

クレジットカードが一番役に立つ場面は?

2014年8月28日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードを使う場面というと、商業施設での買い物やネットショッピングを思い浮かべる人が多いかもしれません。が、実はクレジットカードが最も力を発揮するのは、海外旅行に出かけたときと言っても過言ではありません。


<海外でのカードの役割は?>

もちろん、クレジットカードはお金を支払うための道具です。しかし、クレジットという名前の意味の通り、海外では「所有者を信用できる」という一種の身分証明としても認知されています。たとえばホテルに宿泊する際、支払いにクレジットカードを使うかどうかで、宿泊時の保証金が不要になったり、安く済んだりすることがあります。レンタカーを借りる際には免許証と一緒に提示を求められる場合が多く、カードがないと断られたというケースもあるほどです。


<意外と知らない、カードの特典>

そして見逃すことができないのが、多くのクレジットカードに付帯されている「海外旅行保険」です。海外へ渡航するときには、必ず保険に加入する必要がありますが、この費用がばかになりません。しかし、カードに保険がついていれば、その費用を浮かせることも可能です。保険の金額はカードの種類によってもまちまちなので確認が必要ではありますが、覚えておくと役に立つこと間違いありません。

公共料金もクレジットカード払いが便利

2014年5月30日 | クレジットカード | Permalink

公共料金は銀行の口座から支払われている方もおられると思いますが、クレジットカードから支払うことができます。口座引き落としとの最大の違いは、ポイントがたまることです。クレジットカードのポイントは交換することができるのでお金とほぼ同じ性質を持っており、ポイントがたまるというのはとてもお得なことです。


<カードにとってポイントはまちまち>

クレジットカードはそれぞれ特徴を持っており、あまりポイントがたまらないカードもあります。公共料金は月々支払っているので気づきにくい場合もありますが、知らず知らずのうちにたくさん支払っているものです。これらが全てポイントがつきやすいカード払いになれば、かなりのポイントをためることができます。


<手続きと注意点>

公共料金の支払いに適したカードは、ポイントがたまりやすいこととできることならポイントが無期限であることです。たくさんためて利用したい場合や頻繁には使わない場合は無期限であるほうが圧倒的に有利です。支払い方法の変更はほとんどのものがインターネットを通じて行えます。ただし、公共料金の中には口座振替割引といった制度を採用しているものがあり、ポイントとどちらがお得なのかは注意しなければなりません。

クレジットカードの取引について

2014年4月9日 | クレジットカード | Permalink

私たちがクレジットカードを使う理由の一つに「ポイントがつくから」というものがあります。なぜ現金ではなくカードで支払うとポイントがつくのでしょうか。現金で払う際は店舗と私たちの2者間の取引になりますが、カードを使う際は店舗からカード会社に手数料が支払われるためです。この手数料をカード会社は一部私たちにポイントという形で還元してくれるのですね。


<カード会社に手数料が入る仕組み>

例えば「三井住友Visaカード」なら、三井住友が国際ブランドの一つVisaに利用代金を払う契約を結んでいます。この場合、三井住友はクレジットカードを発行し会員を管理するための会社となります。ブランド会社と提携を結んでいるカード加盟店は、顧客がクレジットカードを利用して買い物をした際、三井住友から買い物料金を支払ってもらう代わりに手数料を三井住友に支払います。

店舗としては現金で購入してもらった方がカード会社に手数料を支払わなくて済むので得なのですが、カードがあるからこそ(ツケで払えるからこそ)買い物をしてもらえる機会が増えるので総利益は上がるともいえます。その他海外からの旅行客に購入してもらう機会が増えるなどさまざまなメリットが挙げられます。ちなみに通常クレジットカード会社と加盟店の間に入るのが決済代行会社と呼ばれ、煩雑な決済システムの導入を容易にしています。

クレジットカードは学生でも持てますか?

2014年3月10日 | クレジットカード | Permalink

未成年者の学生はクレジットカードを持つことはできませんが、満20歳を超えている学生でしたら持つことが出来ると言われています。
どんなものなのかといいますと、色々種類があるのでこれです!と断言するのは難しいのですが、学生向けのカードも出てきていますので、ぜひネットで検索をして探してみていただければと思います。
いくつか出てくるかと思いますので、それぞれよく見比べてみるのが良いかと思いますよ。


クレジットカードは正しく使いましょう

クレジットカードはいざという時には非常に便利で頼もしい存在ではありますが、むやみに使いすぎてしまいますと後々困ったことになってしまいますので気を付けるようにして下さいね。
きちんとご自分が返済できる金額の時だけ、利用するようにされた方が良いかと思いますよ。
返済が出来なくなってしまいますと、クレジットカードを利用することが出来なくなってしまいますので、余裕をもって利用しましょう。


審査では何を確認される?

クレジットカードを発行していただく際に審査が必要になってきますが、一体何を確認するのでしょう?
それは個人情報と信用情報について確認されますので、記入ミスなどをしないように気を付けて下さいね。
信用情報とは、お金に関することが記載されていますのでお金にルーズな方ですと、審査に通れないかもしれませんのでご注意を。

クレジットカードについて知っておきたいことは?

2014年1月31日 | クレジットカード | Permalink

今では比較的に多くの方がクレジットカードをお持ちだとは思いますが、知っておきたいことがいくつかあります。
まずはクレジットというのは信用取引の事なので、ここはしっかり覚えておきたいところですよね。
ここをしっかりおさえておくだけでも変わってくるかと思います。
これを知っておくだけで責任感が自然と芽生えてくるかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?


クレジットカードは何歳から発行してもらえるの?

これはご存知の方も多いかと思いますが、クレジットカードを発行してもらえるのは満20歳からとされています。
やはり未成年者は返済などが難しいと判断されるため禁止されています。
ですが、場所によっては学生向けのクレジットカードを発行してもらえるところがありますので、現在念のために持っておきたいなどという方がいましたらネットなどで調べてみて下さいね。
もちろん、その際には親御さんの同意が必要になりますので忘れずに!


審査では何を確認するの?

カードを発行してもらう際に審査が必ず必要になります。
その審査で何を確認するのかといいますと、個人情報と信用情報になります。
個人情報はどこに住んでいるのか、勤務先はどこなのかについて記載されていて、信用情報は以前に借り入れなどをしていないか、またその際にきちんと返済はされているのかというお金に関することが記載されています。
嘘偽りなく正しく記入すれば比較的に問題なく審査に通るかと思います。

クレジットカードの決済手数料について

2013年12月16日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードで買い物をした際、一括では問題ないでのすが、分割またはリボルビングにて支払いを選択すると、決済手数料がかかります。また、クレジットカードが利用できる店、いわゆる加盟店は、支払いが発生するたびに5%前後の手数料を信販会社に支払っています。なので、薄利多売の方針の店では、クレジットカードの取り扱いをしていない所もあります。


クレジットカード手数料を上乗せされることはない

手数料は、信販会社の利益となるので、決済手数料の発生は致し方ないと思います。ただ、支払いの際、店舗側が代金に手数料を上乗せて請求するのは違法となります。請求された場合、カード会社に申し出てみましょう。時間がかかると思いますが、上乗せされた代金は返ってきます。


リボルビング払い

リボルビング払いでクレジットカードの契約をしていた場合は、その時は一括で支払っても、カード会社はリボルビング払いとみなすので、決済手数料は発生してしまうので注意して下さい。この手数料というのは、クレジットカード会社によってまちまちですが、大体4から5%ほどです。
今や、店舗での買物だけではなく、病院や公共料金などの支払いなど様々なシーンでクレジットカードは活躍しています。手数料や年会費、支払い方法そのたサービスをよく調べてトラブルなく利用しましょう。

クレジットカードの年会費について考える

2013年9月30日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードの年会費にお金をかけたくないと考える方は多いでしょう。年会費有りのクレジットカードを利用する事によって享受するメリットが年会費に相当するものかどうかは、利用者の生活スタイルによるものです。

年会費の比較情報が分かり易いでおすすめできるサイト⇒クレジットカードの攻略ガイド(http://www.confibienesraices.com/)


クレジットカードと生活スタイル

ベストなクレジットカードを利用する為には、生活スタイルを見直す事が重要です。年会費があるクレジットカードのメリットとして挙げられるのは海外旅行保険、緊急発行、ラウンジサービス、ポイント還元率です。この事からわかるように、このメリットを最大限に享受する事のできる利用者は、旅行や出張の多い方、クレジットカードでの決済が多い方です。


年会費のもとがとれるか

旅行保険は年会費無料のクレカにも装備されている事が多い機能ですが、大抵の場合は旅行先で何か有事の時に役に立つものではないというのが実情のようです。その点、払っている年会費が多いクレカの旅行保険は単独の旅行保険と変わらないサービスが受ける事が可能なようです。年会費が高いクレカのポイント還元率は高くなる事が一般的です。使えば使う程、年会費の元を取る事ができます。年間に使うクレカ決済総額を出してみれば、ポイントで年会費の元がとれるかどうかは算出可能ですので試してみましょう。

若年層向けクレジットカード

2013年9月24日 | クレジットカード | Permalink

ステータスの高いクレジットカードを作ろうと思うとそれなりに高い年収や信用など、ある程度の歳月を必要とする事が殆どです。しかしもしあなたが若くしてそういったランクの高いカードを目標としているのなら、若年層向けのクレジットカードをまずは利用するのがおすすめです。


若年層向けクレジットカードとは

若年層向けクレジットカードはしばしばヤングクレジット等と呼ばれる20代向けのクレジットの事を指します。通常のクレジットより審査が容易く、かなり若いうちから持つ事が可能です。またしばしばキャッシング機能に制限がある等の学生カードともに違い、基本的な性能は殆ど通常のクレジットと遜色ありません。


何故若年層向けカードが良いのか

ランクの高いカードを持つ上で何故若年層向けカードがおすすめなのか、その理由は大きくわけると二通りあります。一つ目は若年層向けクレジットカードなら年を重ねて20代でなくなった時に自動的に通常のクレジットへ昇格する点です。その為普通に審査を受けたのでは通り辛い格式高いカードも若年層向けカードを作って事で容易に入手する事ができるのです。またもう1つの理由として若くしてクレジットヒストリーを育てる事ができる点です。クレジットカードの審査に何より重視されるのはあなたの利用状況であり、ちゃんと使っているか、延滞は無いか等が見られます。その為少しでも若い時からしっかりした利用履歴を重ねられる事は後にランクの高いカードを持つにあたり有効な武器になります。

クレジットカードと発行スピード

2013年9月20日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードを申し込んでから実際にカードが手元に届くまでの時間は金融機関各社によって異なります。一般的には1週間から2週間程度が目安とされていますが、時間のかかるところでは3週間ほど慎重な審査を行った後に発行する会社もあれば、3営業日や即日の発行にも対応した会社も存在します。


即日発行のクレジットカード

即日発行に対応しているクレジットカード会社でカードをその日に手に入れる為の手順は凡そ決まっています。まず、多くのクレジット会社で即日発行はインターネット申し込みでのみ利用可能なサービスとなっています。これは申し込み用紙を発送する方法や窓口による申込ではどうしても審査に時間がかかってしまうからです。またカードの受け取りも従来の郵送では時間がかかってしまうので、指定した近くの店舗や発行機での受け取りとなります。


何故スピードが求められるのか

クレジットカードの利用を考えている方は必ずしも時間に余裕があり3週間でもひと月でも待つよ、といった方ばかりではありません。大抵の場合クレジットカードの発行は何らかの外的要因ありきで必要になります。例えば海外旅行が決まったから保険として持っておきたい、通販サイトで欲しいものができたからカードを作りたい、といった理由があげられます。しかし発行がその用途に間に合わなくては何の意味もありません。その為カードの発行速度は重視されています。

年会費の必要なクレカを上手に使おう

2013年9月20日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードには大きく分けて年会費や入会費が必要なものと、入年会費が永年無料のものがあります。単に利用するだけであれば、年会費などが一切かからない無料のものを作ることがお得に見えますが、年会費のかかるカードも利用方法によってはポイントなどの還元率が高い場合があります。


カード会員限定のサービスを見逃すな

キャッシュバックサービスやポイント還元率です。年間で利用する金額の目安と年会費を比較しましょう。年会費を1000円支払ったとしても、電子マネーや買い物などで1000円以上のポイントやキャッシュバックを受けることができるのであれば、年会費を支払ってもクレジットカードを持ったほうがお得になる場合も多くあります。中にはカード決済を行うことで常に5パーセントオフになる、カード会員限定の割引を受けることができるものもあります。


年間の利用額で年会費が無料になるカードも

年間に、5万円以上などの条件をクリアすることで、翌年の年会費が免除されるクレジットカードもあります。このようなクレジットカードを利用する場合は引き落としや買い物など、毎月必ず利用するためにクレカを所有し、定められた金額以上を利用するといいでしょう。カード会員限定のサービスをきちんと受けながら、年会費も支払う必要がない金額の利用があればいいのです。現在では家賃などもカード決済が可能な場合があります。上手に活用して生活に役立ててみましょう。

クレジットカードの新しい機能

2013年9月20日 | クレジットカード | Permalink

社会人の方でクレジットカードを持っていない方は増えているのではないでしょうか。ネットショッピングなどが普及してから、クレジット決算を利用する機械が大幅に増えてきました。機会が増えたものの、2カ月後引き落としシステムにまだ慣れていない方が多くいるように思います。


クレジットカードの利用履歴

クレジットカードの引き落とし日は利用月の翌々月である事から「うっかり振込みわすれた」「使い過ぎてしまった」などのトラブルが発生しがちです。この引き落としに関するトラブルは結構よくある事ですので重要度は低いと思われがちですが実はそういう訳にもいかなくなってきました。現在、クレジットカードやカードローンなどの金融商品の各種審査における評価で信用情報スコアの占める割合が大きくなってきているのです。


自動キャッシング機能

年収の多さよりも、返済の安定性、継続性に重点が置かれるような流になってきているのです。このような事を背景にクレジットカードの利用履歴もきちんと管理したいというニーズが生まれる事で誕生したのが自動キャッシングシステムです。自動キャッシングシステムとは引き落とし日に残額不足になった場合にのみ自動的にキャッシングが行われる機能です。これにより、クレジットヒストリーの質が保たれる訳です。

クレジットカードの使い方

2013年9月20日 | クレジットカード | Permalink

クレジットカードをこれから持とうと考えている人へ、クレジットカードの基礎の基礎から使い方を指南します。


クレジットカードでお得に買い物

欧米諸国と違い、日本ではまだまだクレジットカードの利用が少ないのが現状です。多くの人は現金の方が安全で簡単と考えているかもしれませんが、実際に使ってみると、クレジットカードの方がはるかに安全で簡単、さらにはお得だということが実感できます。そもそも、財布の中身を気にすることなく、カード一枚で買い物や公共料金の支払いが済ませられるというのが便利です。カードが使える店舗も続々と増えていて、コンビニはもちろんファミレスやスーパーなどの日常よく使う施設で利用できます。しかも、現金払いと同じ請求額にもかかわらず、ポイントが付随してくるのでお得となっています。万が一落としてしまっても、カード会社に連絡すれば不正に利用されることもないので安心です。


1回払いなら手数料はかからない

クレジットカードで支払うことで、現金払いよりも損をするということはほとんどありません。カードの利用において1回払いと指定すれば、手数料もかかりません。また、自分がいくら使ったのかはいつでも確認することが出来るので、使いすぎにも注意できます。

クレジットカードのポイントを上手に貯める方法

2013年9月20日 | クレジットカード | Permalink

最近のクレジットカードは、ほとんどのものがポイントの貯まるシステムを採用しています。そのポイントの付き方は、各クレジットカード会社で様々なので、利用者はポイントがどのように溜まるかでカードを選んだりしているようですね。いまや、クレジットカード利用者はポイントシステムを重要視していると考えていいでしょう。

クレジットカードのポイントをうまく貯める2つの方法

◆まずは、ポイントが貯まるカードは、複数枚持つのではなく、一枚に限定することをお勧めします。複数枚に分けてしまう事で、ポイントが分散され、利用する機会が遠くなり、利用できるポイント数も分散されるため少なくなります。一枚にすることで、管理も簡単になりますし、何より、短い期間でポイントを利用できるようになるのです。
◆次に、公共料金の支払いをクレジットカードにする。公共料金は必ず毎月支払うものです。その支払いをカードにすることで、コンスタントにポイントが貯まります。会社によっては、カード払いを選択すると割引になるサービスを提供している会社もあるのです。
このように、上手に利用することによって、よりお得な生活が出来るのです。持つからには、賢く使っていただきたいものです。